【ミルクづくりに大活躍】象印 VE電気まほうびん優湯生 CV-GB22-TA レビュー

アイキャッチ 子育て
スポンサーリンク

※アフィリエイトを使用しています。

こんにちは、わたげ です。
絶賛子育て中のアラサー会社員です。
今回は、赤子のミルクづくり用に我が家で導入した電気ポット「象印 VE電気まほうびん優湯生 CV-GB22-TA」についてまとめます。

わたげ
わたげ

ミルクづくり用に購入したけど、その他用途にも大活躍!

はじめに

混合栄養(母乳&粉ミルク)でスタートした我が家の育児。
ミルクを作るため、お湯をどう準備するのかが問題になりました。

わたげ
わたげ

泣いている我が子を待たせながらのミルク作りはかなりのプレッシャー。

なるべく手早く作りたい!

毎回ヤカンで沸かすのは面倒だし、ウォーターサーバーはランニングコストが高いし、電気ケトルはカルキが気になるし。
そして辿り着いたのが電気ポットという選択でした。

購入時の検討ポイント

今回、人生で初めて購入することになった電気ポット。
重視したポイントは以下の5つでした。

  • 常時使用するため省エネ性が良いこと
  • 保温温度を設定できること
  • カルキ抜きできること
  • ゆっくり給湯できること
  • 湯漏れ防止機構があること

子どもが小さい頃は3時間おきに授乳があるので、沸かす&保温で24時間稼働する電気ポットには、とにかく省エネ性を求めました。
我が家は、浄水器を使用していないので、沸騰させてカルキ抜きできること。
それでいて、熱々のお湯だとミルクを作ってから、冷ますのにより手間が掛かるので、もう少し低い温度で保温温度を設定できること。
調乳には微妙な湯量の調整が求められるので、ゆっくり給湯できる機能があること。
そして、万が一のときのために、倒れたりしてもお湯がこぼれにくいこと。

そんなポイントを考えながら、電気ポットを探していました。

VE電気まほうびん優湯生 CV-GB22-TA

上記の検討を経て、我が家で購入したのは、象印のVE電気まほうびん優湯生 CV-GB22-TA。

マイコン沸とうVE電気まほうびん優湯生 2.2L CV-GB22-TA送料無料 魔法瓶 ポット 電気ポット 湯沸しポット 保温 保温ポット 2.2l 2.2リットル 給湯ポット 電気ケトル ゆうとうせい カフェドリップ給湯 お湯 沸騰 象印 ZOJIRUSHI 【D】

価格:9,780円
(2022/6/22 22:31時点)
感想(0件)

容量は2.2L、本体質量は2.7kg。
「まほうびん」と「保温温度設定(5段階で設定可能)」で消費電力を抑えられる。
「ゆっくりカフェドリップ給湯」機能で、ミルクの微妙な湯量調整もしやすい
その他のポイントも網羅しているし、「スピード沸騰」機能で給水を忘れていたときもあっという間にお湯が沸きます。

我が家の使い方

我が家の「CV-GB22-TA」はコチラ。

電気ポットCV-GB22-TA
我が家の電気ポット

ミルクづくりがメインの我が家では、沸騰させた後、70℃で保温して使用していました。
70℃なら粉ミルクもしっかり溶けて、尚且つ人肌に冷めるまでも速い。

ミルク以外に離乳食でも活躍していました。
食材に少し水分を足したいときや、粉末タイプのレトルトを溶かすのに使っていました。

ミルクの量が減ってきてからは、水分補給のためにも活用。
ストローマグにお湯を入れ、冷ましてから飲ませていました。

お出掛けの時は、沸騰させたお湯を水筒に入れて持って行ってました。
お湯でレトルトのご飯を湯煎したり、飲み水にしたり。
帰省先・旅行先には電気ポットごと持って行ったり。

もちろん、大人の食事や飲み物にも大活躍です。

おすすめポイント

使ってみて感じているおすすめのポイントをまとめると以下になります。

  • 省エネ性の高い機能・機構
  • 「保温温度設定」や「ゆっくり給湯機能」でミルク作りに便利
  • ミルク中心ながら、その他用途にももちろん対応できて、長く使える
  • 2.2Lの容量がありつつコンパクトなので、持ち運びやすい&置き場に困らない
  • 「スピード沸騰」機能であっという間にお湯が沸く
  • お湯がこぼれにくかったり、ロック機能などの安全性
  • ブラウンのボディカラー

同サイズでもっと価格が安い製品もあると思いますが、長期的に使用するものなので、省エネ性や利便性で十分回収できると考えています。
また、部屋になじむブラウンの色も気に入っているポイントです。

設置場所についての注意点

こちらのポットに限ったことではありませんが、設置する場所で配慮が必要な点が2つ。

  • 電源をどこから取るか
  • ポット上部の環境

湯沸かし時は電気消費量が増えるため、電源をどこから取るのかは配慮すべきポイントです。
我が家では、食器棚付属のコンセントで電気ポットと電子レンジを使っているため、問題が1つあります。
電気ポットの湯沸かしと電子レンジを900Wで同時に使ったりすると、食器棚の安全ブレーカーが反応してしまうのです。
電源と電気ポットの置き場、電気消費量の多いその他家電との関係は事前に検討されることをおススメします。

また、湯沸かし時にはポット上部から少なからず蒸気が出ますので、蒸気に触れにくくもオープンな環境が確保できると良いかと思います。

おわりに

我が家では、子育てをきっかけに電気ポットを購入しました。
ミルクづくりをメインに考えていましたが、多用途かつ長期間活躍してくれています。

わたげ
わたげ

すぐにお湯が出るって、本当に便利。

ミルクづくりのお湯をどうするか悩まれている方、電気ポット「CV-GB22-TA」を検討されてみてはいかがでしょうか?

マイコン沸とうVE電気まほうびん優湯生 2.2L CV-GB22-TA送料無料 魔法瓶 ポット 電気ポット 湯沸しポット 保温 保温ポット 2.2l 2.2リットル 給湯ポット 電気ケトル ゆうとうせい カフェドリップ給湯 お湯 沸騰 象印 ZOJIRUSHI 【D】

価格:9,780円
(2022/6/22 22:31時点)
感想(0件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました