【レッスンバッグどこで売ってるの?】バタバタの保育園入園準備

入園準備アイキャッチ 子育て
スポンサーリンク

※アフィリエイトを使用しています。

こんにちは、わたげ です。
絶賛子育て中のアラサー会社員です。

念願だった保育園に入園できることになりました。
一方で、急だったこともあり、慌てて必要なものを用意することになりました。

わたげ
わたげ

今まで手抜きすぎたのか、新たに買うものが思いの外ありました。

これから保育園や幼稚園に入園を考えている方に向けて、我が家の準備を一事例としてまとめます。

はじめに

保育園に入園できることになったはよいものの、入園決定から最初の登園まで残されたのはわずか数日。
入園までの数日間に準備するものが多く、とても慌てました。

わたげ
わたげ

時間がないから鞄のデザイン等、妥協するものもありました。。。

ただ購入すればよいだけでなく、名前を書いたり、衣類に水通ししたり。

もっと余裕をもって準備したかったという後悔の念から、我が家が準備したものをまとめます。

新たに購入・準備したもの

保育園入園にあたって我が家で購入したもの・準備したものを列挙すると以下の通りです。

  • パジャマ
  • 水着(水遊びの時期だったので)
  • レッスンバッグ
  • 食事用エプロン
  • おやつ用エプロン
  • おしりマット

マメにお世話していただけるからこそ、着替えなどの必要枚数が多く、追加で購入しました。
また、園でNGとされるタイプ(ロンパースやボタン、ジーンズ等)もありました。

エプロンやおしりマットは、貰い物のハンドタオルやフェイスタオルをリメイク(縫い合わせたり、ゴム紐を通したり)して準備しました。
地味に手間がかかるので、購入してしまうのもアリだと思います。

そして、一番問題になったのがレッスンバッグです。

レッスンバッグ

子供の日々の荷物を入れるレッスンバッグ(通園バッグ)。

レッスンバッグの何が問題になったのかというと、店頭での取り扱いが少ないことです。
(年度途中の入園だったので余計に少なかったと思います。)
また、園がサイズを指定している場合があります。
園指定のサイズに合致し、気に入るデザインのものって、なかなかレアだと思います。

我が家は、トイザらスや西松屋、アカチャンホンポ、イオン等、子供用品を扱っている店舗をいくつか回ってみました。
取り扱いが全くない、ということは無いのです。
しかし、取り扱いがあっても、1種類だけ、という所がほとんどでした。
しかも、園指定のサイズから外れていたり、デザインが気に入らなかったり。

入園までに確実に入手するには店頭で購入と思っていました。
しかしながら、結局ネットで購入する形で、ちゃんと届くかドキドキすることになりました。

店頭で購入することができなかった我が家は、楽天市場からBelly Musesで購入しました。

送料無料レッスンバッグ 男の子 女の子 手提げ バッグ レッスンバック キルティング バック 習い事バッグ マチ 付き お稽古 ピアノカバン 手提げバッグ 入学 準備 幼稚園 保育園 通園バッグ 小学校 小学生 子ども 子供 ショルダー ショルダーバッグ 通学 おしゃれ かわいい

価格:1,880円
(2022/7/30 20:56時点)
感想(23件)

長く使えそうなデザインで名前タグもついている所が魅力的でこちらにしました。
(一番いいなと思った柄は品切れで今回は諦めましたが、いいなと思う柄が多数ありました)

発送がとても迅速で、注文から2日で届きました。
実際に触ってみても丈夫な印象で、長く使えるといいなと思います。

その他の準備

購入したものも、既に持っていたものも、そのままでは保育園で使えません。

いずれにも共通するのは、子供の名前をつけるということ。
結構な量があるうえに、書きづらい布ものばかり。
地味に時間がかかりました。

お名前シールやスタンプを使うという手段もあるかと思いますが、名前をつけられるスペースやそれぞれの材質を考慮するのが面倒で、今回は全てペンで書きました。

そして、新たに購入した衣類は一度洗濯しました。
洗って、干して、畳んで。
服の量が増えるほどに大変ですね。

また、園に提出する書類も記入する必要がありました。
自身が幼い頃に親が書いていたな、というような類の書類。
いまどき、手書きで自宅周辺の地図を書くことがあろうとは思いもしませんでした。

おわりに

我が家は事前の見学・準備不足が原因で、入園が決まってから慌ただしく用品を準備する羽目になりました。
特にレッスンバッグは、もっと時間があればと思っているポイントです。

できれば準備も楽しんでやりたいというもの。
保育園のみならず、しっかりとした事前の情報収集で余裕をもって準備できるとよいですね。

園で使用する子ども用品の購入にあたって【2023年1月 追記】

保育園に通い始めて5ヶ月ほどが経過。

改めて思うのは、園で使う子供用品を新たに購入する前に、園のルールを確認することの重要性です。

わたげ
わたげ

冬物の準備でやらかしました。

10月も終わるころ、急に寒い日が増えてきました。
子どもが風邪をひいてはマズイと、颯爽と西松屋で暖かそうな衣類を数点購入。

これがミスでした。

良かれと思って、裏起毛やフリースを購入していたのですが、それらは園でNGとされていました。
(活発に行動する子どもは、あっという間に汗をかいて、その後冷えてしまうため)
他にも、安全面からフードやパーカーの紐などがあるものはNGとなっていました。

新たに購入される際には、事前に園のルールを確認されることをおススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました