【乳幼児の洗濯物に!】洗濯洗剤さらさ

アイキャッチ 子育て
スポンサーリンク

※アフィリエイトを使用しています。

こんにちは、わたげ です。

これから赤ちゃんを迎えられる方。
洗濯洗剤をどうしようかとお悩みではないですか?

わたげ
わたげ

当然のように我が家も悩みました!

私は赤ちゃん用の洗濯洗剤があるということすら知りませんでした。

なんで赤ちゃん用の洗剤が必要なの?どれがいいの?という方に向けて、
今回は赤ちゃん用の洗濯洗剤と我が家の選び方についてまとめます。

はじめに

洗濯洗剤は、その子に合うかというのが一番のポイントと思います。

けれど売り場に行ってびっくり!
様々な種類の洗濯洗剤があって、一体どれがいいのやら途方にくれてしまいます。

わたげ
わたげ

大人と同じ洗剤じゃダメなの?

なんて私も思っていましたが、赤ちゃんの肌はとてもデリケート。
無用な肌トラブルを避けるために、赤ちゃん用の洗濯洗剤は、刺激の強い成分が使用されていないものが多いです。
生まれてしばらくは、赤ちゃん用のものを使うのが無難かなと思います。
我が家は生後半年くらいまでは、赤ちゃん用のものを使って洗濯をしていました。

それでは、洗濯洗剤購入時に注意したいポイントをまとめます。

洗濯洗剤の選び方

大人のものだけ洗っていたときは、安くていい匂いなら何でもいい!と思っていましたが、
赤ちゃんのものを洗うにあたっては、そうはいきません。

考えるポイントは次の2つ。

  • 液体or粉末?
  • 気になる成分が配合されていない?

液体?粉末?

液体洗剤は洗剤が衣類に残りにくいのがメリット、粉末は洗浄力の高さがメリット。
水量が少ないドラム洗濯機の方は液体、汚れが気になるという方はお湯に溶かして粉末洗剤を使うのがよいかと思います。

特に注意すべき成分

「無添加」という表示がされている製品も、全く添加物が使用されていないという訳ではありません。
必ず表示を確認したいところです。

特に注意したいものは以下のもの。

  • 合成界面活性剤
  • 漂白剤
  • 蛍光増白剤

石油を原料としている「合成界面活性剤」「漂白剤」は肌への刺激が強いため避けたい成分です。

そして、「蛍光増白剤」はアレルギーを引き起こす可能性が報告されており、避けたいところです。

我が家の場合

衣類に溶け残るといやだな、と思っていた我が家は液体洗剤一択でした。

液体洗剤のなかで、生後半年ころまで「arau.baby」を使い、その後「さらさ」に切り替えました。
それぞれの洗剤についてみていきたいと思います。

arau.baby

製品情報 | アラウ.ベビー | 無添加せっけんとハーブのアラウ
無添加せっけんとハーブのアラウの「アラウ.ベビー」の製品情報です。

SARAYAのarau.baby。
実際に使ってみて良かったと思う特徴は、次の3つ。

  • 9つの成分が無添加&植物由来のせっけん
  • 柔軟剤なしでも、ふっくら仕上がる
  • 手肌をいたわる植物エキス配合

漂白剤や蛍光剤、香料など気になる成分が配合されていないため、安心して使うことができました。

乾燥した洗濯物もふっくら仕上がり、子供も着心地悪くはないだろうなと思っていました。

そして、子供の洗濯物は毎日手洗いをしていたのですが、植物エキスが配合されていたからか手が酷く荒れるようなことはありませんでした。

アラウベビー 洗濯洗剤 洗濯せっけん 本体 800ml 赤ちゃんのための無添加

価格:620円
(2022/9/19 14:18時点)
感想(0件)

さらさ

生後半年を超えたころから、さらさに切り替えました。

無添加洗剤さらさ商品詳細
妊娠中や赤ちゃんのママ、犬や猫などのペットの飼い主、肌への優しさや洗剤の成分が気になる人、オーガニック洗剤をお探しの人に無添加洗剤さらさの製品紹介をご紹介。

実際に使ってみて、良かった点は次の3つ。

  • 蛍光剤、漂白剤、着色料 無添加
  • 仕上がりのふんわり感
  • ほなかな柑橘系の香り

仕上がりの柔らかな感じや香りは、個人的にarau.babyを上回っていると感じます。
一方で、添加物はarau.babyと比べると多く、なかでも直鎖アルキルベンゼンスルホン酸は洗浄力が高く、肌への刺激も強いとされています。

我が家は、試しに使ってみて子供の肌トラブルが無かったこと、コスパが勝ること、仕上がりが好みに近いことから、さらさに切り替えました。

さらさ 洗濯洗剤 本体(850g)【tktk03】【wa01m】【sen】【さらさ】

価格:481円
(2022/9/19 14:19時点)
感想(28件)

子供にも問題なく使えるとわかってからは、徳用の詰め替えパックを箱買いしています。

おわりに

洗濯洗剤一つとっても、赤ちゃんのものは考えることが多いですね。
けれども、そんな洗剤選びも肌トラブルを防ぐためにできること。

お子さんの肌にあったもの、お父さん・お母さんの負担にならない洗濯洗剤が見つかるとよいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました