WordPressに決定!ブログサービスの選定

アイキャッチ ブログ
スポンサーリンク

こんにちは、わたげ です。
今回は、私がブログを立ち上げるにあたって、なぜWordPress を使うことにしたのか?
その経緯やWordPress のメリット・デメリットをまとめたいと思います。

はじめに

実は以前も、無料のサービスを使って、文章力向上を目的にブログを書いていました。
なぜ、私がサービスを変えようと考え始めたのか、動機は3つ。

  • 無料だと「元を取ろう」という意識が無く、記事作成の頻度が上がらない
  • 将来的な収入源の一つとするため、自身のブログ運営・文章スキルを更に向上したい
  • Web系のスキルを身につけ、将来的には仕事にいかしたいと考えた

多少費用が掛かっても、将来的な仕事及び収入に繋げられるよう、需要のあるスキルを身につけられることを優先して検討を始めました。

WordPress とは

WordPress はサイト構築サービスです。
PHPというプログラミング言語で開発されていますが、プログラミングの知識が無くとも自分のサイトを作成することが可能です。
ウェブ上の43%のサイトがWordPress で構築されているそうです。

わたげ
わたげ

コードを入力することなく、直感的な操作でサイトを作成することができました!

WordPressのメリット

私がWordPressのメリットであると感じたことは、以下の4つです。

  1. 基本的に無料で使える
  2. 専門的なプログラミング知識が無くともサイト構築できる
  3. ユーザーが多いので、困りごとも調べれば大抵解決できる
  4. プラグインが豊富にあり、拡張性が高い

以下では、それぞれの詳細を記載します。

メリット1:基本的に無料で使える

無料のテーマやプラグインが充実しているので、基本的にコストは発生しません。
(レンタルサーバーやドメインの取得で費用発生する場合があります。)
収益化できるかの見通しもなく、ひとまずチャレンジ!という私にとって、可能な限りコストを抑えられることは一番のメリットでした。

メリット2:専門的なプログラミング知識が無くともサイト構築できる

私にとって、無料に並ぶメリットです。

わたげ
わたげ

コード?何それ?

直感的な操作感なので、説明書読まない派の私も、しばらく触っていると使い方が分かってきました。
現状、サイトの構築や記事の投稿では、コード入力ゼロです。

メリット3:ユーザーが多いので、困りごとも調べれば大抵解決できる

高機能でありながら、基本無料で使える⇒ユーザーが集まる⇒ノウハウが蓄積される⇒更に使いやすくなる、という好循環になっているなと思います。
私自身、立ち上げ時にプラグインの導入でつまずきましたが、ググって解決できました。

メリット4:プラグインが豊富にあり、拡張性が高い

現状で、セキュリティ対策やSEOに関するものなど7つのプラグインを導入しています。
どれも無料のものばかりです。
今後も、必要に応じてプラグインを導入し、機能を拡張したいと思います。

WordPressのデメリット

私がWordPressのデメリットであると感じたのは、現状でただ1つ。

  • サーバー設置にやや知識が求められる

以下では、その詳細を記載します。

デメリット1:サーバー設置にやや知識が求められる

ブログを立ち上げるためには、サーバーとドメインが必要で、更にそれらをWordPressと連携させる必要があります。
最初は、「サーバー」や「ドメイン」といった単語もちんぷんかんぷんだった私。
なるべく早くブログを立ち上げたかったので、サーバーの構築や連携の勉強は一旦脇に置いておいて、レンタルサーバーのサービスに頼ることで解決しました。

おわりに

私は、WordPressに以下4つのメリットを感じています。

  1. 基本的に無料で使える
  2. 専門的なプログラミング知識が無くともサイト構築できる
  3. ユーザーが多いので、困りごとも調べれば大抵解決できる
  4. プラグインが豊富にあり、拡張性が高い

おかげで専門的な知識がない状態でも、無事にスタートを切ることができました。
また、今後「自分が表現したいことを表現する」ための勉強が、将来自分が目指す「自由な働き方」に繋がると考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました